FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月3日(土)放送分

今週は、モト和田広島でのインタビューを中心に構成。と、言うのも広島時代の音楽&人生において“敬愛する先輩”上久保純さんが40年前に東芝EMIからリリースした幻のアルバム『サンフランシスコの奇跡』が10月EMIからCD化リリースされた、と言う事で直接ご本人に取材をさせて頂いた。純さんは、10代前半からその類稀な才能と音楽環境(経済的にも)を活かし広島ロックシーンの頂点に君臨。ワイルドで官能的なギターワークは広島のみならず東京の音楽業界にも知れ渡る事となった。そしててアメリカに渡り学校に通いながら多くのプロミュージシャンとセッション(*当時16~7歳?)18歳で帰国。その才能を見染めた東芝EMIレコードのプロデューサーの肝入りで、当時無名の若者ながら、いわゆるワンマンレコーディング制作を成し遂げた。実際に国内リリースされたのは1972年。純さん自身はミュージシャンで居ながら音楽制作、特にCM制作プロデューサーとしても非凡な才能を発揮。地元広島にいながら全国ネットで仕事をし、更にクリエーターとして様々なイベントやLIVE&レストランetcプロデュース。現在は制作会社社長として広島の財界では稀有な存在。そして実業家として多忙ながら、本人は今尚れっきとしたプロミュージシャン。GSアイドル、その後シンガーとして一時代を築いた、沢田研二さんや岸部さんほかChar、上田正樹さんなど日本のポップス&ロックシーンを創った多くのミュージシャン仲間と30年以上親交を持ち11月24日に還暦を迎えた。モト和田にとって本当に大切な人物なのだ。
純さん和田
サンフランシスコの奇跡 -EMI ROCKS The First-TOCT-114042011年10月26日発売2,500円(税込)
le423fd4db5adf28f7cd74f8b45566ae7.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

motohirano

Author:motohirano
“チョイわる親父願望”音楽&サブカルチャー大好きな60代前半の二人が毎回濃いトーク&こだわりミュージックで制作している番組です。毎回ゲスト多数!
番組OP「PETER GUN」/Rブキャナン&EN「come rain or come shaine」/Dヘンリーー☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。