スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月13日(土)放送分

今週は、モト和田&マスター平野レギュラートーク☆選曲は、3曲モト和田仕込み。二人の話のテーマとしては“知らない事は恥じる事では無い、知ろうとしない事が問題だ”と言う僕の偏見と言うか~この国は(かって僕自身そうだったが)表面的に事を撫でて考え、行動する。しかもまるで他人事のように。一見上手く行って居るようで事実はまったく逆。日本と言う国は未だ未だ自立に欠けていると思う。戦後の高度成長?今振り返るとこれもその器用さが一見そうさせた。何とかなっていると見せかけられた(笑)まあ~社会的な事はここまで。で、モト和田の選曲。M1「Home is where the hatred is」/ジャン・ジャック・ミルトゥーwith Gil Scott-Heronフランスのミュージシャン。ブルースハープ奏者。僕の友人ミュージシャンから紹介して貰った。トーツ・シールマンス、リー・オスカーとは異なった、少しヘビーな奏法。日本国内では~未だ知られていないかな?しかし凄いヨ。ナイスフィーリング!この曲は、アメリカのこれまた知る人ぞ知る著名な詩人&パフォーマー(昨年亡くなった)ギル・スコット・ヘロンとのコラボ。アルバム、BAR平乃に置いて有るので是非聴いて見て頂きたいです。M2「私の兵隊さん」/アンナ・レナ・ブルンディンスエーデン出身の女性VOC。彼女のアルバムは国内盤有り。しかし~彼女のプロフィールをWebで探しても、無い!何故に?大学でパントマイムを学んでいる。いわゆる表現者としての想いが強いのかな。その後ジャズetc歌うようになり、シャンソンも。実はこの歌は、エディット・ピアフの歌で有名。アンナは年齢的に30代~40代の間(恐らく)表現の仕方も少しポップ....なかなか心地良い。美人だし(笑)秋の夜長にじっくりと~カクテル片手に聴いて頂きたい。M3「HEART FULL OF SOUL~ハートせつなく~」/クリス・アイザック*85年にデビュー、いわゆるネオ・ロカビリー。91年にリリースされたアルバム『ウィキッド・ゲーム』は、100万枚の売り上げ。日本を含む世界各国で「ブルー・ホテル」が話題を呼んだ。俳優としても個性的なキャラクターで人気。著名な監督“ベルナルド・ベルトルッチ”“デビッド・リンチ”などに認められている。因みにこの歌は、マスター平野もモト和田も大好きなイギリスの“ヤード・バーズ”のカヴァー☆
画像-0007 
画像-0014
※マスター平野に作っていただいたこの“カクテル”チェリーな味、香りと色が良い感じだよ~意外に度数高い?少し甘めだけれど、ウオッカ、カンパリetcもろもろミックスされている。女性は要注意~でも飲んだら気持ち良くなるよ☆







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【10月13日(土)放】

今週は、モト和田&マスター平野レギュラートーク☆選曲は、3曲モト和田仕込み。二人の話のテーマとして

コメントの投稿

Secret

プロフィール

motohirano

Author:motohirano
“チョイわる親父願望”音楽&サブカルチャー大好きな60代前半の二人が毎回濃いトーク&こだわりミュージックで制作している番組です。毎回ゲスト多数!
番組OP「PETER GUN」/Rブキャナン&EN「come rain or come shaine」/Dヘンリーー☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。