スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日(土)

今週は、モト和田&マスター平野レギュラートーク☆テーマは“いい女いい男”...因みにモト和田は若い時熟女好みだったけど~還暦間近になった今、それを求めると“大変な事!”になってしまう(笑)で、熟女予備軍の30代の新進気鋭の女性ジャズvoc二人をピックアップ。マスター平野はズバリ!「なんで~この二人がもてるんだろう!」と言うシンプルな疑問(笑)でピックアップ。先ずはモト和田M1「DARK EYES」/NICKI PAROTT既に妖艶な雰囲気を醸し出している。僕的にはあのペギー・リーを思わせるセクシーでけだるいVOCが何とも言えない!この歌は、お馴染のロシア民謡をモチーフにエキゾチックな音作りだ。WB(弓弾き)のイントロ、sax(実の妹らしいが凄いテクニック!)そしてvocとのスリリングな掛け合いが見事。つづいてマスター平野M2「She」/ELVIS COSTELLOポップシーンで独自のスタイルを築いている。ビートルズのPマッカートニーとの信頼ある関係も有名。マスターが取り上げたのはまったく異なる意味。と、言うのもマスターも僕も大のお気に入りの女性voc“ダイアナ・クラール”が彼と結婚した事への抗議(笑)の意を込めての選曲。「なんで~イケメンでも無い彼がダイアナと!」怒りのピックアップ(笑)まあそれは冗談として、この歌はヒット洋画の主題歌としてもお馴染。実はオリジナルはあのシャンソン界の巨匠“シャルル・アズナブール”の作品。何とも切なく、ロマンチックな歌だ。つづいてはモト和田M3「BEAUTIFUL LOVE」/SOPHI MILMAN両親の意向で旧ロシア→イスラエル→カナダに移住。カナダで音楽を本格的に勉強。大人の声だよ~堪らないよ。この歌はアメリカンスクリーンミュージックの巨匠“ビクター・ヤング”の作曲。切なく、ちょっぴり大陸的ロマンを感じる名曲。多くの女性vocが取り上げている。もっともっと日本で多くのみなさんに聴いて貰いたいvocだ。最後はマスター平野M4「YOU WAN'T DO FOR LOVE~風のシルエット」/BOBBY CALDWELL彼の大ヒット曲。で、彼はポップスシーンでお馴染だけど、元々はフランク・シナトラをこよなく愛している。ジャズ・スタンダードナンバーアルバムもリリースしている。いわゆるAORを語る上で欠かす事の出来ないミュージシャンだ。
nicki parott elviscostello.jpg
sophi milman bobby caldwell





スポンサーサイト
プロフィール

motohirano

Author:motohirano
“チョイわる親父願望”音楽&サブカルチャー大好きな60代前半の二人が毎回濃いトーク&こだわりミュージックで制作している番組です。毎回ゲスト多数!
番組OP「PETER GUN」/Rブキャナン&EN「come rain or come shaine」/Dヘンリーー☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。