スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月2日(土)放送分

今週は、三原英人さんをゲストに迎えて熱~い音楽トーク。三原さんは、昼の顔=三原産業㈱代表取締役社長。夜の顔=ナイスなロック野郎(笑)ホントロック中心に特に洋楽をこよなく愛している。マスター平野&モト和田と一回りも歳下、しかしその成熟したロック魂は半端じゃない!年齢差や経験値を超えたレベルでグイグイ僕たちをリードしてくれる!僕達二人の愛すべき“後継者”だ!と、言う事で今週は“プログレッシブ・ロック”の歴史を探りながら音楽が社会に寄与した記すべきなど3人で熱く語ったヨ!勿論、選曲はナイスなロック野郎“HIDETO MIHARA久々しっかり聴いたな~☆M1「21st CENTURY SCHIZOID MAN」/King Crimson三原さんのお陰で久々しっかり、じっくり聴いた~☆やっぱり凄いよ。全てのジャンルを超えた音構成。当時所彼らの頭の中の構造....一体どうなっているんだろうね?M2「PROMENADE」/EL&P「ムソルグスキー「展覧会の絵」を、キーボード+ベース+ドラムスの編成で見事に音楽表現している。このバンド編成は当時斬新だった。しかもキース・エマーソンが駆使している“モーグ・シンセサイザー”当時は開発されたばかりだったので未だ不安定。しかしこのシンセサイザーでなければ出ない音を十二分に堪能させてくれた。その功績は多大。M3「TIME」/Pink Floydこのアルバム『狂気』は、人間の生と死、時への怖れ、命の喜びetc壮大なテーマを基に大規模な音作り。このバンドが“プログレッシブ・ロック”をよりメジャーにしたと言っても過言では無い。いや~楽しいひと時だったヨ更に、写真に有る同じみの銘柄scotch“ジョニーウオーカー”の新しいラベル~美味かった!!!
画像-096
※今回の写真はちょっとお遊び感覚“シネマスコープ風”にアレンジ!プログレ的???
画像-097
今週は、この各名盤から「展覧会の絵」/EL&P、「クリムゾン・キングの宮殿」/King Crimson、「狂気」/Pink Floyd



スポンサーサイト
プロフィール

motohirano

Author:motohirano
“チョイわる親父願望”音楽&サブカルチャー大好きな60代前半の二人が毎回濃いトーク&こだわりミュージックで制作している番組です。毎回ゲスト多数!
番組OP「PETER GUN」/Rブキャナン&EN「come rain or come shaine」/Dヘンリーー☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。